最初にお読みください
 現在老親招へいビザ(特定活動ビザ:告示外)の許可は、非常に難しくなっております。
 弊事務所ではこれまで、数多くのお客様のご依頼により老親ビザの申請をして参りましたが、昨年ごろより許可率の低下が著しく、昨今の審査状況を考慮致しますと、従来通用していましたケースでは許可が下りなくなりました。
 従いまして弊事務所におきましても、老親招へいビザにつき積極的な宣伝は控えさせて頂きますとともに、申請自体も相当な理由がない限り受任しない事と致しました。

 お客様には、ご迷惑をお掛け致しますが事情ご勘案の上、お知らせ申し上げます。

老親扶養ビザ(特定活動ビザ/旧定住ビザ)
​概要

高齢の両親を本国から呼び寄せ、一緒に日本で暮らす(扶養)ためのビザです。

 

このビザは、法律で定められたものではなく、申請人個々人(実際には同居する子供)が、審査官に対して詳細に事情を説明し理解を求め、人道的な理由により認められるビザです。

 

一般的にはご両親2人を呼び寄せることは難しいですが、一方の親が病弱で、他方が高齢であれば呼び寄せることも可能です。

 

このビザは、人道上同居が必要な合理的な理由があることを依拠しておりますので、健康でお元気なご両親の呼び寄せは難しいものとなります。

 

申請要件

(1)呼び寄せる親が高齢(おおむね70歳以上)であること
一般的に70歳以上という噂がありますが、疾病や障害がある等の事情を勘案した上で、70歳未満であっても、認定されることもあります。

 

(2)呼び寄せる親を扶養する親族が本国にいない場合

本国の両親が共に貧しく、生計の見込みが立たない場合などは、夫婦両方の認定申請をすることも可能です。

(3)招へい人が適切な扶養者であること
日本国内にいる外国人が、子であって、かつ他の親族よりも適切な扶養者であることを合理的に説明できる場合。

 

(4)日本国内で扶養しようとする外国人が、親が生活するための生活費を負担できること
 納税義務を果たし、預金や、生計面での安定的収入があること。

理由書作成のポイント

1.本国で独りで暮らすことのできない事情を詳述すること。
 (1)身体的活動困難性
 (2)現地での通院が不可能な理由
 (3)親族等を含め現地で介護者がいない理由(特に兄弟がいる場合には、立証資料も含めた詳 

            細な事情が必要)。
 (4)居住環境、交通インフラ状態等

2.日本で扶養することが最も合理的であり、経済的負担も十分満たしていることの詳述

 

 なお、親孝行等の感情的な訴えは考慮されません。内容はあくまでも老親が独りで暮らすことができない、身体的、環境的、物理的困難性を中心に論述し、審査官が「なるほど!これじゃ仕方ないな・・・」と心証を形成するような論理的な記述を心掛けてください。

 また、立証を裏付けるエビデンスは必ず添付してください。

不許可時の対応

 不許可の場合には再申請することも考えられますが、先の申請と申請内容が同じ場合には、当然がら不許可となります。


 不許可時は申請人と共に入管へ出頭し審査官より不許可の理由を聞きますが、大方、「このようなビザはない」「申請内容から判断しビザは認められません」との回答を得ますが、不許可の具体的な理由を教えてくれません。

 

 ただし、老親招聘理由が病気等の介護である場合、現に日本の医療機関へ入院、通院している場合には、審査官より「医療滞在ビザを申請したらどうか」とのアドバイスを受けることがあります(実際には特定活動の「25号」という言い方をします)。

その場合には、医療滞在ビザへ申請内容変更申出をもって、申請するというのも、老親を中長期にわたり滞在させる一つの方法です。

中国法律咨询:褚利伟

中华全国律师协会会员

执业证号:11201200011880254

行政書士 松尾国際法務事務所は、 天津臻金律师事务所

 と業務提携をしております。

外国人,ビザ,結婚,永住,帰化,投資,起業,会社設立,離婚,定住,不法滞在,在留特別許可,出頭,仮放免,不法滞在,就労,職業,ビジネス,変更,更新,親族,訪問,老親扶養,東京,埼玉,長野,名古屋,神奈川,相模原,八王子,新宿,池袋,立川,日野,山梨,多摩,青梅,福生,昭島,荒川,江東,足立,太田,世田谷,台東,北,墨田,江戸川,豊島,中野,中央,文京,板橋
 遠方郵送契約可能!

事案の性質上、電話相談は行っておりません

ご相談をご希望のお客様はWechat 又はLINE,メールにてまずはご連絡ください。

ご面談・相談は

新宿事務所 要予約
<交   通>
新宿駅・代々木駅 徒歩7分位

重点地域
東京都全域 
八王子市、日野市、立川市、町田市、国立市、国分寺市、東村山市、福生市、羽村市、あきる野市、青梅市、昭島市、檜原村、日の出町、瑞穂町、奥多摩町、清瀬市、東久留米市、三鷹市、武蔵野市、調布市、府中市、小金井市、小平市、西東京市、東大和市、多摩市、稲城市、狛江市、東京都23区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区)
 
山梨県全域
甲府市、富士吉田市、都留市、山梨市、大月市、韮崎市、南アルプス市、甲斐市、笛吹市、北杜市、上野原市、甲州市、中央市、郡部西八代郡(市川三郷町)、南巨摩郡(富士川町 - 早川町 - 南部町 - 身延町)中巨摩郡(昭和町)、南都留郡(道志村 - 西桂町 - 忍野村 - 山中湖村 - 鳴沢村 - 富士河口湖町)北都留郡(小菅村 - 丹波山村)
 
神奈川県全域
相模原市、大和市、横浜市、厚木市、川崎市、座間市、鎌倉市、逗子市、葉山町、茅ヶ崎市、大磯町、二宮町、寒川町、海老名市、藤原市、綾瀬市、伊勢原市、清川村、愛川町、山北町、松田町、秦野市、平塚市、中井町、開成町、大井町、南足柄町、小田原市、箱根町、湯河原町、真鶴町、横須賀市、三浦市
 
埼玉県全域
さいたま市10区(西区 - 北区 - 大宮区 - 見沼区 - 中央区 - 桜区 - 浦和区 - 南区 - 緑区 - 岩槻区)、川口市、蕨市、戸田市、上尾市、桶川市、北本市、鴻巣市、北足立郡 伊奈町、所沢市、狭山市、入間市、富士見市、新座市、志木市、朝霞市、和光市、ふじみ野市、入間郡、三芳町、鶴ヶ島市、飯能市、日高市、入間郡、毛呂山町、越生町、東松山市、比企郡(滑川町 - 嵐山町 - 小川町 - 川島町 - 吉見町 - 鳩山町 - ときがわ町)、秩父郡  東秩父村、越谷市、草加市、春日部市、三郷市、八潮市、吉川市、北葛飾郡(松伏町)、久喜市、蓮田市、幸手市、行田市、加須市、羽生市、白岡市、南埼玉郡(宮代町)、北葛飾郡(杉戸町)、熊谷市、深谷市、大里郡 寄居町、児玉郡(美里町 - 神川町 - 上里町)、秩父郡(横瀬町 - 皆野町 - 長瀞町 - 小鹿野町)

 

東京入国管理局管轄区域
東京都、山梨県、神奈川県、埼玉県、長野県、新潟県、千葉県、群馬県、茨城県、栃木県 その他日本全国ご依頼承ります。

在留資格(ビザ・visa)、国籍、二重国籍、帰化、査証、永住許可、退去強制手続(非正規在留・不法滞在・オーバーステイ)、在留特別許可、口頭審理、出国命令、仮放免許可(収容手続)、再審情願、上陸特別許可、上陸拒否の特例、仮上陸許可、再入国許可、就労資格証明書交付申請、資格外活動許可申請、在留資格取消制度、在留管理制度、在留カード、所属機関等に関する届出など出入国管理及び難民認定法、国籍法に係る業務、普通・簡易帰化許可申請、在留資格認定証明書交付申請、在留期間更新許可申請、在留期間更新許可申請、在留資格取得許可申請、永住許可申請、在日公館領事認証手続(公印確認、アポスティーユ証明等)、渉外戸籍手続(国際結婚・離婚・養子縁組、居住証明書等)、就労系在留資格(「技術・人文知識・国際業務」「企業内転勤」「技能」「経営・管理」(旧「投資・経営」)「特定活動」「興行」「高度専門職」など)の取得、外国人の招聘(短期商用等の短期滞在査証での呼び寄せを含む)、外国人在留法務の企業コンサルティング、外国人に関わる制度やスキームについての各種相談、日本法人の設立(会社設立)、日本支店(日本営業所)の設置、駐在員事務所の設置

Copyright © 行政書士 松尾国際法務事務所. All rights reserved.