資料提出通知・通知書・出国準備特定活動ビザ・理由書の作成
資料提出通知書
 

ビザの申請後、本来提出すべき資料が提出されていない場合、または、疑義が生じ立証が不十分な場合に、申請当日又は、申請後後日、この通知書が申請人のもとに発せられます。

資料提出通知書には、既に入管でリスト化された紙面に提出すべき書類がチェックされている場合や、申請人個々人に宛てた立証すべき書類が記載されている場合など、いくつかの種類がありますが、後者の方が厄介です。

申請人としては、入管が要求する書類をきちんと揃えて提出し、立証が果たされ、入管の審査基準を満たせば許可はおりますが、書類に不備がある場合には再度資料提出通知書が発せられることがあります。

なお、資料提出通知書に応答しない場合は、ほぼ100%不許可になります。

通知書

通知書には色々な種類がありますが、弊事務所に駆け込んでくるお客様の場合は、殆どが資料提出通知書に対する理由書や補足資料を提出した後、発せられる通知書です。

この手の通知書には、「旅券、在留カード、申請受付票、この通知」を持参し、出頭要請を受けます。情報はこれしかありませんので不気味です。

 

しかし、残念ながらほとんどの場合は、「出国して下さい」というものですが、「最後の弁明や事情をお伺いします」というものです。

本来ならば、不許可処分通知にすればよいのですが、申請人にとって重大な結論となる場合には、不許可の理由をしっかり口頭で伝え、きちんと出国するように促すため、このような通知書が発せられます(審査官も悩みに悩んだ結論です)。

出国準備のための特定活動ビザ

「出国準備のための特定活動ビザ」を付与された場合、原則としては帰国となります。

しかし、それまでの経緯や状況によっては、在留許可を得られる可能性もあります。

特に就労系のビザへの変更を希望している場合には可能性があります。
 

例えば、会社(A)での職務内容では就労は要件を充足せず許可は認められないが、会社(B)での職務内容であれば就労は要件を充足しているため許可とすることが出来る場合です。
 

しかしながら、申請人ご本人の側に問題があるとき(資格外活動許可に対する時間超過、留学生ならば学業成績、留年等)は、変更・更新申請自体が認められない可能性もあります。

 

また、身分系ビザにおいて、過去に不法行為や素行問題があったり、同居事実の虚偽等、過去の行為や事実が問題となっている場合は、変更・更新申請自体が認められません。

 

なお、再申請する場合、「出国準備」中の方は、原則入国管理局の窓口では在留資格変更や在留資格更新の申請は受理されませんので、就労審査部門または永住審査部門へ出向き、書類一式を持参の上、再申請をしたいという旨の相談をする必要があります。そこで、審査官より申請を受理する旨を言われたら、窓口にで再申請をします。
再申請が受理されれば、審査結果が出る時まで、日本に在留することができます(「出国準備30日」という期限はなくなります)。

なお、相談の際、「再申請は認めらない」という結果になった場合は、出国準備期間中に出国する必要があります。
その場合は、「在留資格認定証明書交付申請」で日本へ呼び寄せます。

 

<留学生の在留期間更新不許可による出国準備期間30日(特定活動)の意味>

 留学生の場合、更新が不許可となり出国準備期間付与による特定活動ビザへ変更した場合、既に在留カードには穴が開いております。
 不許可理由のケースとしては、成績不良、留年、時間超過のアルバイト、出席日数の不足が殆どです。
 このケースでは、再申請をしたとしても受理される可能性は殆どありませんので、気持ちを切り替え素直に帰国し、在留資格認定証明書交付申請により最初からスタートする方が効率的です。

 

 しかし、更新が不許可のケースで、当初留学計画の変更、申請人自身には責任がない場合等の場合には、更新又は変更許可申請が受理され事もあります。
 例えば、アメリカへの留学が変更となり、引き続き日本の大学院へ進学する場合、留学生どうしの夫婦の場合一方が重病に罹り看病をする場合等が挙げられます。
 この場合更新となるか変更となるかケースバイケースですが、出国準備期間中でも再申請は可能です。

 

 
理由書の作成・効果
 

大方の外国人が苦手、若しくは書類として軽視しているのがこの理由書の作成についてです。

弊事務所では、入管が必要書類として公表していない場合でも、この理由書は必ず付けます。

例えば、日配・永配の更新の場合は理由書は不要ですが、毎年1年の在留期間がもらえない方が、永住申請をしたいため、在留期間の3年を強く希望する場合があります。

 

毎年1年の更新は、審査要件に照らして申請人側に問題があるわけですがこのような場合でも、現状をしっかり理由書で表現し、日常生活など詳細に説明をし、堅実な生活を送っていることを文章で表すことで、3年を許可するための要件を補うことが可能です。

入管の審査官は審査要領等の基準に照らし審査をしているわけですが、温情というものもあります。それを申請人側が悪用するのはもっての外ですが、きちんとした事情がある場合には、理由書等で伝えないと、審査官も真実を把握できません。

中国法律咨询:褚利伟

中华全国律师协会会员

执业证号:11201200011880254

行政書士 松尾国際法務事務所は、 天津臻金律师事务所

 と業務提携をしております。

外国人,ビザ,結婚,永住,帰化,投資,起業,会社設立,離婚,定住,不法滞在,在留特別許可,出頭,仮放免,不法滞在,就労,職業,ビジネス,変更,更新,親族,訪問,老親扶養,東京,埼玉,長野,名古屋,神奈川,相模原,八王子,新宿,池袋,立川,日野,山梨,多摩,青梅,福生,昭島,荒川,江東,足立,太田,世田谷,台東,北,墨田,江戸川,豊島,中野,中央,文京,板橋
 遠方郵送契約可能!

事案の性質上、電話相談は行っておりません

ご相談をご希望のお客様はWechat 又はLINE,メールにてまずはご連絡ください。

ご面談・相談は

新宿事務所 要予約
<交   通>
新宿駅・代々木駅 徒歩7分位

重点地域
東京都全域 
八王子市、日野市、立川市、町田市、国立市、国分寺市、東村山市、福生市、羽村市、あきる野市、青梅市、昭島市、檜原村、日の出町、瑞穂町、奥多摩町、清瀬市、東久留米市、三鷹市、武蔵野市、調布市、府中市、小金井市、小平市、西東京市、東大和市、多摩市、稲城市、狛江市、東京都23区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区)
 
山梨県全域
甲府市、富士吉田市、都留市、山梨市、大月市、韮崎市、南アルプス市、甲斐市、笛吹市、北杜市、上野原市、甲州市、中央市、郡部西八代郡(市川三郷町)、南巨摩郡(富士川町 - 早川町 - 南部町 - 身延町)中巨摩郡(昭和町)、南都留郡(道志村 - 西桂町 - 忍野村 - 山中湖村 - 鳴沢村 - 富士河口湖町)北都留郡(小菅村 - 丹波山村)
 
神奈川県全域
相模原市、大和市、横浜市、厚木市、川崎市、座間市、鎌倉市、逗子市、葉山町、茅ヶ崎市、大磯町、二宮町、寒川町、海老名市、藤原市、綾瀬市、伊勢原市、清川村、愛川町、山北町、松田町、秦野市、平塚市、中井町、開成町、大井町、南足柄町、小田原市、箱根町、湯河原町、真鶴町、横須賀市、三浦市
 
埼玉県全域
さいたま市10区(西区 - 北区 - 大宮区 - 見沼区 - 中央区 - 桜区 - 浦和区 - 南区 - 緑区 - 岩槻区)、川口市、蕨市、戸田市、上尾市、桶川市、北本市、鴻巣市、北足立郡 伊奈町、所沢市、狭山市、入間市、富士見市、新座市、志木市、朝霞市、和光市、ふじみ野市、入間郡、三芳町、鶴ヶ島市、飯能市、日高市、入間郡、毛呂山町、越生町、東松山市、比企郡(滑川町 - 嵐山町 - 小川町 - 川島町 - 吉見町 - 鳩山町 - ときがわ町)、秩父郡  東秩父村、越谷市、草加市、春日部市、三郷市、八潮市、吉川市、北葛飾郡(松伏町)、久喜市、蓮田市、幸手市、行田市、加須市、羽生市、白岡市、南埼玉郡(宮代町)、北葛飾郡(杉戸町)、熊谷市、深谷市、大里郡 寄居町、児玉郡(美里町 - 神川町 - 上里町)、秩父郡(横瀬町 - 皆野町 - 長瀞町 - 小鹿野町)

 

東京入国管理局管轄区域
東京都、山梨県、神奈川県、埼玉県、長野県、新潟県、千葉県、群馬県、茨城県、栃木県 その他日本全国ご依頼承ります。

在留資格(ビザ・visa)、国籍、二重国籍、帰化、査証、永住許可、退去強制手続(非正規在留・不法滞在・オーバーステイ)、在留特別許可、口頭審理、出国命令、仮放免許可(収容手続)、再審情願、上陸特別許可、上陸拒否の特例、仮上陸許可、再入国許可、就労資格証明書交付申請、資格外活動許可申請、在留資格取消制度、在留管理制度、在留カード、所属機関等に関する届出など出入国管理及び難民認定法、国籍法に係る業務、普通・簡易帰化許可申請、在留資格認定証明書交付申請、在留期間更新許可申請、在留期間更新許可申請、在留資格取得許可申請、永住許可申請、在日公館領事認証手続(公印確認、アポスティーユ証明等)、渉外戸籍手続(国際結婚・離婚・養子縁組、居住証明書等)、就労系在留資格(「技術・人文知識・国際業務」「企業内転勤」「技能」「経営・管理」(旧「投資・経営」)「特定活動」「興行」「高度専門職」など)の取得、外国人の招聘(短期商用等の短期滞在査証での呼び寄せを含む)、外国人在留法務の企業コンサルティング、外国人に関わる制度やスキームについての各種相談、日本法人の設立(会社設立)、日本支店(日本営業所)の設置、駐在員事務所の設置

Copyright © 行政書士 松尾国際法務事務所. All rights reserved.